YouTube・Instagramは毎日更新。ブログは2日に一回(14:22)更新。

猫は犬や人とはちょっと違う?!痙攣の原因と診断の手順や考え方

獣医師ブログ

ではまず痙攣の原因、診断の手順や考え方をご紹介します。

先に述べたように痙攣の原因は大きく分けて
脳炎、脳腫瘍といった脳に関する疾患と
心疾患や低血糖、電解質異常、高アンモニウム血症など脳以外の疾患です。

脳の原因を特定のためには
MRI検査や脳脊髄液検査が必要です。

普通の病院にある検査方法では
診断することはほとんどできません。

原因が見つけられない「特発性」てんかん発作は
若齢の犬やヒトでは一般的ですが、
猫では脳の構造に異常多いため、
原因特定のために
MRI検査や脳脊髄液検査を勧められることが多いです。

脳ではなく全身状態の異常を見つけるために
血液検査をはじめとした院内でできる検査で
原因を調べることができます。

脳の原因を特定するためには
特殊な機材(特定の場所への移動や金銭負担など)と
猫への負担(全身麻酔など)、大きな負担がかかります。

ですので
まずは猫に負担のない、
手軽な血液検査などから行い、
脳以外の異常がないか確認しながら
原因を調べることが
スタンダードな方針だと言えます。

続く

猫は犬や人とはちょっと違う?!痙攣の原因と診断の手順や考え方

nekodea*宿と猫

nekodea*宿と猫

ミルクボランティア活動🍼※2021.12.24現在  ▶2021年|卒業:40猫 在籍:0猫  ▶2020年|卒業:45猫 《nekodea》デザイン・イベント企画 《宿と猫》ねこホテル&シッター・ステッカー販売 my family🐈 だいず🤍あずき🤎くろまめ🖤

関連記事

〈毎月更新〉猫カレンダーとか

ぷろふぃーる


sayaママsakiパパ
幼少期からほご猫と暮らす環境。現在は3猫のママ。
デザイナー・猫ホテルとミルボラの世話係。
Instagramとブログ担当
白か黒の服、メガネは欠かせない。
猫アレルギーだけど猫が好き。
YouTube動画とWEB担当

 

sayaママ☆詳しくはコチラ☆ sakiパパ☆詳しくはコチラ☆

 

2022年3月18日追記





TOP