福井から発信!猫をテーマに、アイデアをカタチに

YouTube・Instagramは毎日更新。ブログは不定期更新。

ミルボラ体験記

ひとりっ子猫「コロちゃん」のその後

こんにちは、世話人のsayaです。

2020年の卒業生 コロちゃんのこと

ひとりっ子猫「コロちゃん」のその後

知らない方もいると思うのですが、
くろまめ[うちの猫]と兄弟のように育った「コロちゃん」という男の子がいました。
くろまめ・ねずこ(くろまめの兄妹)・コロの3猫でよく遊んで すこし長めのお預かりでわが家で過ごしていたので、より身近な存在に感じています。
その後、ご縁があって わたしの親戚の家にお迎えしてもらい元気に過ごしていたんです。
くろまめを連れて遊びに行ったことも・・・🐻🐱

【YouTubeアップしました】
昔のコロちゃんもダイジェストで・・・😸保存版です!

【保存版】ひとりっ子猫コロちゃんの今【ミルボラ】

だいぶ危険な状態だった

実は先月、コロちゃんがワクチン接種した夜にぐったりしてしまった。と連絡をもらって・・・びっくりしました。
ワクチンした病院でもすぐ処置してもらったそうですが変わらずだったそうで、今ちょうどばんちゃんの事でお世話になっている動物病院はどうかな?
さらに詳しく診てくれそうだしな…とすぐに紹介しました。

親戚はどうしようと迷ったようですが、翌朝すぐにそこへ連れてってくれて…ただかなり状態(たった2~3日ほどで)悪化していたらしく、肝臓の数値が著しく悪くなっていた様です。
黄疸もあり、ご飯も全く食べずだったと。
即入院となってしまったんです。
だいぶ危険な状態だったそうで、このまま様子見てたら危なかったよと。

私も親戚(飼主)も、うちの叔母も(コロちゃん家とよく行き来してるんです)みんなパニックと心配で、オロオロになってました。
コロに会いたい、会いたいって連絡がきたり、心配だどうしようって何度もメールがあったり…
コロナ蔓延防止で面会もできなかったんです。

ちょうど ばんちゃんの通院もあったので、ついでに状況を聞こう!と私も先生に直接話を聞いたり、看護師さんにスマホを渡して「せめて顔だけでも!」と写真を撮ってきてもらったり・・・
快く応じてくださって感謝でした(涙)

しょっちゅう連絡取り合っていたり会っていたりしてた訳ではないのですが、コロちゃんは親戚だし くろまめの兄弟のような存在で。
1週間・・・2週間・・・と かなり長期の入院で、先生からも数値がなかなか良くならない、危ないと聞いたりもして。
毎日ずっと気がかりでした。

なんとか年末に退院

待って待って待ったのち、年越しギリギリ30日に退院と連絡が来ました!
うわーーーーーーーー!やったーーーーー!!!!!と
みんなで大喜び!
ただ、まだ本調子ではないようで、自宅療養といった感じです。
とりあえずはよかった。

まだしばらくは通院と投薬は必要みたいです。
まだスッキリはしないのですが、1日も早く完治を願います。

病名としては「胆管炎」らしいのですが、原因も不明でワクチンによって悪くなったのか、もしくはずっと前から肝臓が蝕まれていたのか、ワクチンが引き金になったのか、元々生まれ持ってたものだったのか…
ハッキリわからないそうです。

やっぱりワクチンはリスクもあるのかな?と感じた出来事でした。
もちろん今回のことは関係ないかもしれません。不明です。
でも接種後はしっかり猫を観察できる状況・翌日も病院が開いているなど環境を整えた日にするべきだと思わされました。

肝臓は入院してすぐに良くなる子もいれば、ものすごく時間のかかる子もいるらしいんです。コロちゃんは後者だったみたい。
もうとにかく心配で心配で。
安心できるお家でお正月を迎えられたことは本当に良かったのですが、引き続き状況を聞きながら完治を祈りたいと思います。

かわいいかわいいコロちゃん、がんばって!!!!

ちょっと別のお話を

悲しい話になってしまうのですが、去年は卒業生でお届けした子 3猫さんも亡くなってしまいました・・・・
みんな1歳・2歳の子たちです。早すぎます・・・
今までミルボラ活動をしてきて、卒業約120猫を見届けてきました。
なのでこういう事も覚悟しておかなければならないし、誰も悪くないです、運命として受け入れる・・・致し方ない事だと・・・
さすがに3猫というのは…次々に不幸が続いてしまって、かなり辛かったです。続くときは続くのかな、
飼主さんも必死に看病・通院してくださったことを聞いて連絡を取り合ってました…本当に大変だっと思います。
とにかく病気が憎いです(みんな病死でした)

私よりもご家族さんが一番辛かったと思う。
みなさん「せっかく育ててくれたのにごめんなさい」って仰るんです。
そんなこと気になさらなくていいのに・・・辛いはずなのに、そんな中ご連絡をくださったことに私は逆に「ありがとう」という思いです。

お迎えしてもらってからは、もう飼主さんの判断にお任せしています。
よっぽどじゃない限りなにも口出しはしないです。
たくさんの猫さんを見届けてきたし、今後何かあっても連絡ない方もその中でもちろんいらっしゃるでしょう。
(もちろん連絡すればレスポンスはあります)
そこは迎えてもらった以上、もう全てを託す事になるのでそれで良い、その子の生涯・猫生だと思っています。
治療するのは獣医師さんであって、私は何もできない…
もちろんみなさん優しい猫思いの飼主さんばかりで、安心してお届けしていますので、その子にとってのベストを尽くしてくださると信じています。

以前、おとくん入院の際に基金的なものを募らせて頂きましたが、今後はもうしないと思います。
(その際は本当に本当にありがとうございました!)
でも経験してみてやはりお家の方にお任せすることが本来のカタチだなと感じたからです。
おとくんの時は私もほぼ初めての出来事だったし 何かしてないと居てもたっても居られなかったんです。後悔してるわけではないです、やってみてそう感じました。でもきっともうしません・・・
(本当に稀なことがあれば皆さんを頼ることもあるかもしれませんが)

わが家も3猫居ます。
もちろん責任持ってこの子たちの生涯を見届けます。どんな病気になろうが自分たちで医療費は全て払います。それが飼主の責任ですよね。
それも含めて猫を迎える覚悟なんだと常々思わされます。

話は逸れました、ちょっと暗いブログになっちゃってすみません。

パパの独り言

上記に書いた責任や覚悟は私たちの話です。考え方はいろいろありますのでこれ以外を非難するわけでもありません。
もちろん法律で終生飼養の明記がされているのでそこから外れなければ・・・ですけどね
一つ飼い主が無理をしてまでは何事もしない方がいいと思います。頼るときは頼ってOKです🐻

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
nekodea*宿と猫

nekodea*宿と猫

ミルボラやってます😻

ミルクボランティア🍼※2022.12.31現在 ▶2022年|卒業:30猫 在籍:01猫 ▶2021年|卒業:40猫 ▶2020年|卒業:45猫 《nekodea》デザイン・イベント企画 《宿と猫》ねこホテル&シッター・ステッカー販売 my family🐈 だいず🤍あずき🤎くろまめ🖤

  1. 猫のFIPについて素人なりにいろいろ考えてみました

  2. 【ばんちゃん日記25】ずっとの子猫ばんちゃん★兄妹の報告もあるよ

  3. ひとりっ子猫「コロちゃん」のその後

〈毎月更新〉猫カレンダーとか

ぷろふぃーる

sayaママsakiパパ
幼少期からほご猫と暮らす環境。現在は3猫のママ。 デザイナー・猫ホテルとミルボラの世話係。 Instagramとブログ担当
白か黒の服、メガネは欠かせない。 猫アレルギーだけど猫が好き。 YouTube動画とWEB担当
 
sayaママ☆詳しくはコチラ☆ sakiパパ☆詳しくはコチラ☆
 
初訪問の方へ

関連記事

PAGE TOP