福井から発信!猫をテーマに、アイデアをカタチに

YouTube・Instagramは毎日更新。ブログは不定期更新。

猫のコト

ロイヤルカナンの仕組みが大幅に変わりましたのでご報告です

ドラクエウォークのデータがすべて消えて
改めてレベル1から再スタート中のsakiパパです

いや~くまちゃんにも協力してもらいながら結構、歩いているんですが
まったく痩せない・・・💦
約1か月近く夕方、夜に歩いているんですが・・・まだまだ結果が見える気配がない・・・
続けるしかないですね。。。続けていれば結果が出てくるはず

早速?!本題
7月に大幅にロイヤルカナンの仕組みが変わりました
というのももともとロイヤルカナンの保護猫プログラム的なものには
2種類あったんですが私があまり仕組みがわかっておらず
本来のカタチになったといった方が正しい🦆しれません💦

細かくは以前書いたブログを大幅に変更しましたので
ぜひそちらをお読みください
特にすでに登録してもらっていてアプリから購入いただいている方
特に読んでください。
特に購入いただいている方は、ぜひ次回からうちで直接購入していただきたいんです。
そのあたりの仕組みが変わりました。

ニュートロに関しては変わりませんのでそのままで大丈夫です。

以前のブログ

数年前ミルボラをはじめて、続けてこられたのは周りの協力と物資での支援やショップで購入いただいたり
インスタのバッヂやユーチューブを見てくれたり、保険に入って頂いたり、LINEスタンプを購入いただいたり
といろいろなカタチでサポート頂いたおかげです。
できるだけ、無駄なく利用させていただき、使用していないケージやキャリ―を頂いたり、仕組みを考えたり
色々試行錯誤しながら、なるべくサポート頂いている皆さんの負担も少しでも少なく継続してもらえるように考えてきました。
これからもこれは変わらないです。

新しい家族として迎えてくれた家族への負担もできるだけ少なくしたいという思い。
他のように譲渡時に〇万円とか頂く仕組みならどんなに簡単かと考えなくもありませんが
私たちはそんなお金をもらうよりそこを工夫で何とかして、それよりも新しく迎えてくれた子猫のために
使ってもらいたいと考えたんです。
※ボランティアが実費(実際にその猫にかかった金額※平均全体でいくらかかるとかではないです)以外で金銭を要求したり掲示することはダメです。
(ペットショップみたいな一種業者の資格があればOKですが)
ここを曖昧にしている自治体も多くてグレーな状態の地域も多いです。

子猫にとってリスクが高い、環境変化。迎えてすぐ体調を崩してしまったという報告もちょくちょくありました。
皆さんすぐ動物病院に連れて行ってくれますが、診察でも最近は結構高いので、ほんとに申し訳ないなぁと思っていました。
それもあり、保険代理店を再開して、迎えたその日から使える保険を作ってもらいました。
※申込から数週間~1か月近く加入までに時間がかかるか、免責期間があるかで当日から入れる保険(保険が適用される)はありません。
これに関してはいろいろ(法律のことなど)あって途中でなくなりそうになったんですが何とか相談しながら、アイデアを出し合って
金融庁や消費者庁に掛け合ってもらいながら続けられるように
形を少し変えながら続けています。
保険は本当はリスクの高い1~2年は続けてほしいのですが、その中でも特にリスクが高い1か月はうちが負担してでも全猫入れようと
考えたのです。特に子猫の場合、環境変化でぐったりする子や下痢気味になったり、風邪っぽい症状になったりします。
また600gを越えて健康診断とワクチンを打ちます。その後新しい家族のもとで再度ワクチンの2回目を打つわけですが
その際も少なからずリスクがあります(さらにワクチンを打った際のアナフィラキシーショックや体調の急変には100%夜間診療も含めて使える保険なんです)
継続して続けてもらったり、新規に加入いただいたら代理店に手数料としてお金が入ります。
それを全猫1か月入れる保険料に充てる予定です。(現在は半分近くはまだ持ち出しなので予定です)
しかしいずれ加入者が増えればプラスマイナスゼロ→収益が上がるようになります。
そうなれば、他の個人の方や団体の方にも同じ様にできればと考えています
うちの考えは、ネコで得た収益は猫に使う。フードで得た収益はフードで、保険で得た収益は保険で・・・
それそれやりたいことがあるときにそのものでまかなえる仕組みをセットで考える用にしています。
何に使っているかわからないとか、どれかに負担がかかるようにしたくないからです。
なぜか?!これはピンとくる方もいるかもしれませんが、ここで書くと長くなりすぎるので
また別の機会でブログに書きます。

この後もいろいろ計画していますが、今は言えません。

私たちのようなボランティアが続けていける環境を作るというのも大事なコトなんですが
私はそれよりも新しく家族になってくれた家族のことも考えていく必要があると思っています。

なんだかんだで、大きな団体だとその後相談にも乗ってもらえないことが多いし
言いづらい状態でもあると思います。
私たちもそうでしたが、特に初めて猫を迎える場合、どうしていいかわからないし、ぐったりしたり
異常行動をするとパニックになる方もいます。
だからと言って獣医師も万能ではないし相談だけというのはなかなか難しいですよね。
ひとりで抱えて家族みんなストレスを感じてしまうと結果として猫にとってもいい環境ではなくなるし
もっと言えば、「も~猫なんでもう嫌」って感じてしまう人も多いはずです。
そこのケアや相談相手くらいにはなれたらなぁとやっています。

猫は吐くし、壁を引っ搔くしソファーをボロボロにします。
床もだんだんボロボロになっていくし鳴き声がすごすぎる猫もいます
中々旅行にも行けなくなります。などなど🐱

金銭面でも思っている以上に日常のフードや猫砂・シーツその他用品など必須のモノでも結構な金額がかかってくる。
医療費も年々上がっていて、診察だけでも数万円に達することもある。
おもちゃやキャットタワー・ケージやキャリートイレなどある一定期間で買い替えが必要なものなどもある。

もちろんそれにもましてかわいいんですが
一定数はこんなはずじゃなかったと
保護団体に戻す人もいるし断られたら捨てる人もいる
そんな不幸なことにならないマッチングやその後のケアが
新しい家族を探す事よりも大事だと考えているんです。

発信やブログの中でも私たちの猫との生活のよりリアルな日常を取り上げていこうかと思っています。
でもね
いろいろ書きましたけど
どんなに壁がガリガリになろうが
モノを壊そうがいろいろ要求してこようが
だんだん慣れてきますし
かわいいから別に何とも思わないようになってきます。

なにごとも慣れです
しかも
それ以上に
年々かわいさが勝手に増していきます🐻

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
sakiパパ

sakiパパ

YouTube動画とWEB担当

白か黒の服、メガネは欠かせない。 猫アレルギーだけど猫が好き。

  1. 【救急救命講習】大切な誰かの命をつなぐために定期的に受講しませんか?

  2. 【2023年】猫用グルーミングブラシのオススメ6選★猫ボランティア推奨

  3. 猫の寄付と大谷翔平さんが子供たちに寄付した6万個のグローブの違い

ブログ[月別]

〈毎月更新〉


ブログについて

2022年6月15日追加

関連記事

PAGE TOP