福井から発信!猫をテーマに、アイデアをカタチに

YouTube・Instagramは毎日更新。ブログは不定期更新。

ミルボラ体験記

黒猫たかなとへしこが保護猫から家猫へ!とってもスペシャルな運、そして縁だから!

こんにちは、世話人のsayaです。

たかな&へしこ卒業

少し長めのお預かりとなった、黒ねこ兄弟たかな·へしこが無事に卒業いたしました!!パチパチパチパチ!
いや~本当におめでたい!!!嬉しいです。

なかなかお声がかからなかったふたりでしたが、この運命のご縁のためだったのだと!!!ずっと新しいママとの出会いを待っていたんですね。

日本家屋の素敵なご自宅で、お届け時に私も興奮して写真をたくさん撮ってしまい(ご迷惑ですね笑)
んまぁ~黒ねこふたりが映えること!
福井県内の伝統的建造物地域に並ぶお家で、すぐ近くの山に沿って長い階段の神社があったり、古民家カフェや美味しいお蕎麦屋さんもあったり。歩いているだけでもワクワクするし落ち着くし静かだし···
いずれ超ど田舎に愛猫たちと引っ越して、ひっそりゆっくり暮らしたいと夢見ている私たちにとってはとても憧れる環境でした!(冬は雪まみれになりそうだけど)

と、そんな話は置いておいて、飼い主さんのお考えもとても素敵で・・・
譲渡会では他にも可愛い子・もちろん小さな子猫もいました。もちろん子猫が人気です。
たかな・へしこはもう去勢手術の時期…体もほぼ成猫に近くなってきていましが「しっかりと成長できているから安心です!」と言ってくれる様な飼主さん。
そして私がいくら黒ねこ推進だーおすすめだーと呼びかけつつも、正直 黒ねこやサビ猫は譲渡が決まりにくいと言われています。こんなにかわいいのにさ。
でもそんな中、譲渡会でも物おじせずに人懐っこいたかな・へしこくん(笑)
性格や仕草をしっかりと見て、柄や色よりもそんなふたりの中身重視な飼主さんだったんですよね。
もちろん見た目や柄で選ぶことを否定しているわけでは決してありません!それも大事なご縁とキッカケだと思っています。

そして、ひとりより兄弟ふたりがいいよね?って…(嬉涙)
ふたりでのお迎えを決めてくださりました。
たかな・へしこはこのまま仲良くずっと一緒に居れるんだって…嬉しくて嬉しくて。
お名前も、たかな→運(うん)くん・へしこ→縁(えん)くん
かわいいふたりと私たちボランティアと譲渡会で出会えてたことが、とってもスペシャルな運、そして縁だから!と言ってくださるようなママさんです。
出来た人だなぁ~、私も見習わなきゃ!

お迎え後もLINEをくれたりしています。
ふたりとの生活を楽しんでくださっているようです♪
本当に運命·ご縁ってあるんだなって感じました!
そして応援してくださった皆様!本当にありがとうございました!!

家猫初日!
お気に入りになりそう
自然がいっぱい
譲渡会当日
アピールがウマいふたり
なかよし
おにぎりの具兄妹
家猫初日!
家猫初日!
お気に入りになりそう
お気に入りになりそう
自然がいっぱい
自然がいっぱい
譲渡会当日
譲渡会当日
アピールがウマいふたり
アピールがウマいふたり
なかよし
なかよし
おにぎりの具兄妹
おにぎりの具兄妹
previous arrow
next arrow

預かりボランティアのお手伝いに感謝です

たかな・へしこはミルク期はわが家に兄妹たちで過ごし、そのあとは預かりボランティア経験者のぬくママさん宅でお世話になっておりました。
ぬくママさんとは知り合い経由で繋がり、そこからお手伝いを申し出てくださって…という経緯です。今回お互いに初めてのやり取りとなりましたが、愛情たっぷりでふたりを育ててくれてお世話も隅々まで気を張ってしっかり見てくださりました。
私、もう任せっきりにしてて(笑) お願いしておきながら酷い奴です。
言い方が悪いけど完全に放置状態···いや、それだけ安心してお願いすることができました!

わが家には次から次へと新しい預かり子猫がやってくるので、今までどうしても大所帯になることが多々あったんです。
そうなると感染症が蔓延してしまったり、せっかく治った風邪や下痢などがぶり返してしまったり···
どれだけ気をつけても猫たちにストレスや感染などがどうしてもある。
譲渡が決まればトントンとうまく出入りできるのですが、現実的に難しく···

それを避けるためにも別宅での預かりさんの存在がとても助かったし、人手が多いということは本当にありがたいことです。
うちの場合、ぬくママさん·友人のよっちゃん2人が今こうして手伝ってくれる流れになっていて、私も精神的にすごく安心だし頼れるしで…感謝ですね。
今回はぬくママさん、色々と優しくたかな·へしこをケアしてくださり感謝です。お疲れ様でした!!!

もし預かりボランティアに興味がある方はぜひ近くの愛護団体や愛護センターなどに問い合わせてみて下さいね♪
人の手が増えれば助かる猫も増えます。ぜひよろしくお願いします。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
sayaママ

sayaママ

Instagramとブログ担当

幼少期からほご猫と暮らす環境。現在は3猫のママ。 デザイナー・猫ホテルとミルボラの世話係。

  1. 子猫がなかなかミルクを飲まないということでバトンタッチ

  2. スカートをはいた黒猫 ~へその緒が絡まっていた80g黒猫その後

  3. 黒い子猫の報告 まだ90g片足ハンデはあるけど頑張ってます

ブログ[月別]

〈毎月更新〉


ブログについて

2022年6月15日追加

関連記事

PAGE TOP