福井から発信!猫をテーマに、アイデアをカタチに

YouTube・Instagramは毎日更新。ブログは不定期更新。

ミルボラ体験記

「ここで育った子猫迎えたい」そう言ってもらえる環境と仕組みを創り続けます

キジトラーズたち卒業!

こんにちは、世話人のsayaです。
やっぱりなかなかブログの更新ができてなく・・・
もう少し頻度上げれるよう頑張ります(笑

さてさてキジトラーズの5猫さんがみんな無事に卒業いたしました。
とても素敵な飼主さんの元へと出発~!
みんな福井県内のお家です。猫グッズなども準備して待っててくれました!

ヒナちゃん(元じゃみじゃみ)はうちに来た時からすでに保護主さん経由で里親さんが決まっていると聞いていましたので、そのままスライドで。
決まっている反面プレッシャーもあったので、ちゃんと立派に育ってくれてホッとしています。むしろ超お転婆になってしまった!笑
新しいお家でも大暴れしてるらしいです。先住ちゃん大丈夫かなぁ…笑

ねぎむぎちゃん兄妹(元ずーず・きゅんきゅん)のお家ではパパさんがキャットウォークをDIYしくれるとのこと!爪研ぎやケージも全て揃えていてくれて準備万端。
すぐに新しいお家にも慣れて早速お姉ちゃんたちに遊んでもらってて、安心して私も後にすることができました。

サラン・ジョイくん(元とんとん・らくらく)のお家は元々多頭飼いだったそうで飼育経験もあるママさんです。そしてバイリンガルなご職業で色々とお話を聞かせてもらって楽しかった!もっと聞きたかったな~笑
SNS等はほとんどされていないので、またお写真送ってもらえたらと思います。

みなさん、最初はことり組にエントリーをいただいたご家族さんでした。
ことり組のことは見送る形となったのですが、それでも再エントリーをくださって。そのお気持ちもすごく嬉しかった!
そのおかげで素敵なご縁が繋がったことは本当にありがたいです。
もしこのブログを読んでいて、以前エントリーをしたけれど見送る形となったご家族さま、またどうか次なる子たちを検討していただけたら嬉しいです。

お迎えのきっかけは

最近譲渡の際にお聞きしていることがあって「うちを検討したきっかけは?決め手は?」と尋ねさせてもらっています。
今期で言えば、ことり組もキジトラーズの里親さんたちも「とても大事に育てているから」「清潔な環境だから」「取り組みが良いと思った」という回答をいただきました。
ありがたや・・・ありがたや~・・・(涙)
エントリーの際にもそう記入していただくこともあるのですが、ちゃんと育っていく過程を見てくれているんだ!と、とても嬉しく思います。

もちろん飼育状況はインスタでもYoutubeでも見れますし、ライブでも循環式の取り組みやチャリティ関係のお話をすることも多々あります。
そういった経緯を知っていただけることは本当に嬉しい。やって良かった!続けて良かった!と思えます。

今年は特に各地で子猫が多く生まれている気もするし、もちろん成猫さんの譲渡会やSNS・WEBでの里親募集も多い。そんなたくさんある選択肢の中からこんな片田舎の個人ボランティアを選んでもらえることは自信にもつながります。
でもでも、私が絶対に気をつけていることは常に謙虚でいること!

SNSがバズったり、注目を浴びたり、賞賛が集まったり・・・
ボランティア活動者が天狗になってしまう・寄付金集めに走ってしまう状態を、嫌というほどに今まで見てきました。
最近では寄付金もだけど、すごく高価な物資を求めたり、煽ったりするようなボランティアも見かけます(果たしてボランティアなのか?)文章にすると宗教やマルチ商法にも見えてしまいます。
私は絶対そうはなりたくない。絶対自分よりも保護猫さんが目立つべきなんです。
主役は猫なんですけどー!?と言いたい。笑

ま、それはさておき・・・
里親の皆さんから「ここでお迎えして良かった!」と持ってもらえるように、引き続き 精進して参ります。

め組の3兄妹・クロネコのヤマトが現在飼主さん募集中です!
そして新たに新入生の赤ちゃんふたりもやってきました。
夏にかけて譲渡が滞る時期です・・・不安。
かわいくて良い子に育つよう頑張りますので、ぜひぜひよろしくお願いしますー!

パパのひとりごと

チャリティ商品についてちょっとだけ
もともとボランティア系のショップに違和感があることがありました👨
Tシャツなのに4~6000円とか
デザインもロゴ、ドーンみたいな・・・
※全部とはいいません(いいと思うものももちろんある)
外で着づらいし高いし…
大手ではないので多少は原価も高くなるし猫に使いたいから高くはなりがちなのは仕方ない…
UNIQLO基準で考えるとムリだとは思う💦
でもそれなりに継続して買ってもらえるくらいの価格で
外にも躊躇なく着れるデザインに・・・
というのが始まりです。

そしてそのデザインも
自分で着てみたいモノを作って
ライブで着てみて反応と意見
こういうのが・・・とか
こうなってるともっといい見たいな意見を
少し参考にさせてもらって改良したり
そのままだったりで販売する感じにして
より皆さんとコミュニケーションをとりながらを
大事にしていこうかと思っています

nekodea(ねこであ)は寄付も物資も募っていないので
主な活動の収入源はショップの利益・SNSからの収益・保険の手数料+メーカーからのフード提供(登録数に応じて)などになります。
フード販売などもしているところありますが、定価かそれ以上というのが多い
つまり、他で買った方が圧倒的にいいよね
といった仕組みなんです。
当初からそれをしたくなかった👨
フードの定期便もそりゃー定価かそれ以上で売れた方が
手っとリ早くて楽です。
でも、買う側にもメリットがないと継続してもらっても
それは、同情でしかないなぁと
そういうのがどこか違和感があるんです

なので、どうせフードを買うなら、保険の加入を検討しているなら
ぜひお声がけください🐻

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
sayaママ

sayaママ

Instagramとブログ担当

幼少期からほご猫と暮らす環境。現在は3猫のママ。 デザイナー・猫ホテルとミルボラの世話係。

  1. ひとりっ子猫かと思ってたら兄弟が合流しました!「ごまつぶ」の兄弟たち

  2. 悲しいお知らせですが…黒猫の名前は「ごまつぶ」にしました

  3. 「ここで育った子猫迎えたい」そう言ってもらえる環境と仕組みを創り続けます

ブログ[月別]

〈毎月更新〉


ブログについて

2022年6月15日追加

関連記事

PAGE TOP